まちのたね~僕らはまちのアーキビスト~

愛知

<ハクトウワシ舎>昨日ニュースでも報道されてましたね、東山動物園でハクトウワシ舎がオープンしたようです。今年は名古屋市とロサンゼルス市の姉妹都市提携55周年及び、東山動物園とロサンゼルス動物園の姉妹動物園提携45周年にあたるそうで、公開式典も開催されました。

★国際交流1981年7月に、刈谷市は、カナダオンタリオ州ミササガ市と姉妹都市の提携を結びました。これまでに、草の根レベルの様々な交流が続いています。14年度もミササガ市との親善交流が行われます♪派遣期間は6月29日〜7月6日、ミササガ市でホームステイとなります。詳細は、刈谷市国際交流協会まで電話 0566-62-1209

★国際交流先日4月6日に、刈谷市国際プラザでイベントがあり、ミササガ市のマッキャリオン市長がおみえになりました。その交流会場においてあったお菓子が写真です♪東海市の海老せんべいに、刈谷市の坊っちゃんラスク、同じく刈谷市NPO法人のパウンドケーキ♪刈谷市のお菓子、市長さんに気に入って頂けたらうれしいですね!d(⌒ー⌒)!

★国際交流1981年7月に、刈谷市は、カナダオンタリオ州ミササガ市と姉妹都市の提携を結びました。これまでに、草の根レベルの様々な交流が続いています。先日4月6日も、刈谷市国際プラザでイベントがあり、ミササガ市のマッキャリオン市長がおみえになりました。33年にもなる国際交流、素晴らしいです♪ヽ(´▽`)/

刈谷市と姉妹都市提携してますカナダのミササガ市から、マッキャリオン市長さんが刈谷市を訪れました。93歳の現役市長として北米でも有名な元気でパワフルな女性です。4月5日は、朝からミササガ市ゆかりのミササガパークを見学し、カヌーに乗った熊さんと再開。次に桜まつりの亀城公園では、刈谷城築城盛上げ隊と交流を楽しみ、ランチの後、刈谷市国際プラザを訪れました。これまでミササガ市を訪れた市民や国際交流ボランティアさんと記念撮影、ご挨拶、記念DVD鑑賞、そして、マッキャリオン市長とのジャンケンゲームなど、懐かしい市民と和やかなときを楽しまれていました。スピーチでは、亀城公園にお城が再建される2020年には、また、刈谷に帰ってきたいと締めくくりました。マッキャリオン市長、いつまでもお元気で、ありがとうございました。

【ナマステ☆インディア】10月6日、刈谷市総合文化センター・みなくる広場にて、"ナマステ☆インディア2013 in KARIYA"が開催されます!時間は、10時30分〜16時30分までです。インド古典舞踊やボリウッドダンスの公演、東京スパイス番長 バラッツさんのスパイス談話、インドテント村、インドヨガ体験などがあります。事前申込優先のイベントもありますので、申込みはお早めに!問合せ 刈谷市国際交流協会電話 0566-62-1209

【ナマステ・インデア2013 in kariya】10月6日(日) 10:30〜16:30 刈谷市総合文化センター、みなくる広場で【ナマステ・インデア2013 in kariya】が開催される。インドテント村、インド古典舞踊、スパイス談話、ボリウッドダンス等盛りだくさん。主催:刈谷市国際交流協会海外の文化を知ることは、同時に日本文化を、再発見することです。一度、お出掛けてはいかがですか?

国際交流フェスタ in KARIYA刈谷市国際交流協会の親善ボランティアさんの企画運営で盛り上がりました。8カ国の在住外国籍の皆さんと日本人ボランティアさんが2カ月前から、それぞれの国を紹介するために、準備を重ねて来ました。各国ブースで展示、食事の試食、遊び体験が各国の衣装をまとった皆さんと楽しめました。また、舞台では歌、ダンス、映像の紹介がありました。年々、レベルが上がり、盛り上がりました。最後に全員がじゃんけんジェンカで一つの輪になって踊りました。そして、ラストは映像です。今日の会場内のスナップ写真と数ヶ月前からの打合せ、試食会、踊りの練習、看板づくりが音楽と共に次々と流れます。プロ顔負けのステキな映像でした。まさに国際交流、多文化共生の世界です。会場内には国境はありません。みなさま、お疲れ様、ありがとう。

刈谷市国際プラザに武将が参上!常設展示してある手作り甲冑が2体。今日、カナダから訪れたストリートホッケー団がプラザ初めての甲冑試着体験をしました。二人の子どもと一人の大人が試着し、ほかの団員はカブトや刀を着けて、記念撮影タイムとなりました。バックでは、試着して満足したカナダの子どもがインターネットを楽しんでます。この国際プラザは外国語対応のパソコンもあるんです。

帰宅途中に、刈谷市国際プラザに寄ったら、たくさんの子どもの絵画が展示されてました。明日から、正式な展示会が始まるので、今夜は準備で、まちのたね通信ならではの最新現場情報です。こど絵画展「ぼくのカナダ わたしのカナダ」在名古屋カナダ領事館主催の絵画募集に刈谷の子どもたちの作品が122点も応募がありました。明日から11月中、刈谷市民交流センター2階の刈谷市国際プラザのラウンジにすべての絵画が展示されます。国旗、自然、メイプルシロップ、滝、トナカイ、ロブスター、CNタワー、熊、リス、川、釣り、ホッケー、都会、赤毛のアン、フクロウ、スポーツ、シェイクハンド…大人では描けない大胆な構図、色彩が輝く想像力を感じます。もう、少し飾り付けがあるようですが、ぜひ、ご覧下さい。来月、ストリートホッケー団の皆さんが刈谷を訪れます。きっと喜んでいただけると思います。

刈谷市国際プラザにおいて、KIFAVによるイベント"お箏を弾いてみよう"が開催された。プラザオープンイヤーとして全10回に亘り日本文化を紹介するもので、第6回目は、お箏体験。初めて触れたお箏に誰もが恐々としていたものの、時を経るごとにみるみる上達していき、最後には皆の前で"さくら.さくら"を発表することができた。郷愁を誘うお箏の調べにのせて、日本の歌"里の秋"、"もみじ"を歌う。国籍も様々な人々の豊かな歌声が心と共に一つになり、会場には、笑い声と拍手が溢れていた。ボランティアの方々の優しい人柄に依る "人と人との触れ合い"、これこそが最上の国際交流に繋がるのだと感じた。

Think Global Act Local共生の未来を刈谷から!グローカル・カレッジ in KARIYA第1回 お気楽!世界の味覚 持ち寄りパーティーが、10月27日に刈谷市国際プラザで始まった。定員50名だったけど、募集当初は一桁で心配したけど、当日は飛び入り含めて、80名ほどの外国籍の方と日本人が楽しんだ。画像は参加者の持ち寄り料理の一部です。外国や日本の手作り料理やお菓子、デザート、飲み物など50種以上が揃いました。それぞれテーブルに分かれ、自己紹介や料理に関する作り方やエピソードで合流しました。私も自分で釣り上げたホウライマスの甘露煮を披露し、子どもたちにも喜んでもらえました。おかげさまで、心もお腹も多国籍、多文化を味わいました。これまで企画、準備していただいたボランティアの皆さん、ありがとうございました。次回は、11月17日の午後。ドキドキ体験系 学校時間割風異文化おもしろワークショップです。さて、どんなサプライズがあるのでしょうか?申し込みは、刈谷市役所市民協働課 0566ー95ー0002 協働推進係まで、第2回は定員20名です。

PAGE TOP