まちのたね~僕らはまちのアーキビスト~

愛知

★驛亭大分国際車いすマラソン大会のボランティアカメラマンの取材終了後、夕食は大分駅構内の"驛亭"へ。大分名物"とり天"を頂けるお店です。大分県で鶏料理は有名ですが、大分市と別府市は"とり天"、それ以外は"とり唐揚げ"と、すみわけされています。

★別府 竹瓦温泉大分国際車いすマラソン大会の終了後、別府の竹瓦温泉に立ち寄りました。明治12年(1879)創設で、屋根が瓦葺きであったため、竹瓦温泉の名称がついたと伝えられています。現在の建物は昭和13年(1938)に建設されたもので、休憩所は昭和初期のイメージを残しています。 また、名物の砂湯は浴衣を着て砂の上に横たわります。■入浴料普通入浴 100円砂湯 1030円■営業時間普通浴:6:30〜22:30砂湯:8:00〜22:30(最終受付は21:30)■休館日毎月第3水曜日

★寿司&炉端焼 八條11月8日、大分国際車いすマラソン大会のボランティアカメラマンとして取材に来ました!大分と言えば、関アジ・関サバ。お手頃な価額で食べたくて、このお店を探しだしました。他にも、チョウザメの刺身やサザエの壷焼きなど海の幸を満喫。大分駅から5分ほどの場所です。

★大分国際車いすマラソン大会〜開会式〜11月8日、大分国際車いすマラソン大会のボランティアカメラマンとして開会式に参加しました。大分国際車いすマラソン大会は、大分県や"社会福祉法人 太陽の家"、そして愛知県をはじめとする企業が協力して運営しています。

【B―1グランプリ】〜宇佐からあげ〜"第8回 B-1グランプリ全国大会 in 豊川"が、11月9日10日愛知県豊川市豊川稲荷周辺で開催されました♪大分県宇佐市は、からあげ専門店発祥の地です。宇佐からあげの特徴は、それぞれの店がからあげ激戦区を勝ち抜くため、塩や醤油をベースににんにく・ショウガ・フルーツなど各店舗オリジナルの秘伝のタレで味付けし、アツアツはもちろん冷めてもおいしい工夫をしています。

【城下カレイ】大分県庁に面する道路の歩道には、大分の名産品のタイルアートが張り付けてあります。大分市内名産品の代表と言えば、"関あじ"、"関さば"が有名ですが、"城下カレイ"も美味です♪

【縁起横町】大分駅から数分の距離にある"縁起横町"には、シンボルとしてお招きした「湯布院福地蔵」が祀られています。とても可愛らしいお地蔵さまです♪

【ちょいのみ屋】大分駅から数分の距離にある居酒屋です。お店の名前から、会社帰りに立ち寄りたくなります♪大分県内の焼酎や日本酒を豊富に取り揃え、串揚げやかんづめ等単品メニューをはじめ、ビールにおつまみがついたちょい呑みセットなどのセットメニューもあります。営業時間 17時〜24時定休日 無休

【大分国際車いすマラソン大会】10月27日に開催された"第33回大分国際車いすマラソン大会"の大分市営陸上競技場です。フルマラソンでは、マルセル・フグ選手が1時間23分で2位以下を大きく引き離してゴールし、大会4連覇となりました!この大会には、17ヶ国270名のアスリートが参加し、約3,000名のボランティアが運営を支えました。天候にも恵まれ、素晴らしい車いすマラソン大会となりました!("⌒∇⌒")

【オロチと柊】大分駅から数分の距離にある居酒屋です。冠地鶏の炭火焼きがとても美味しかったです。九州の焼酎も揃えています。おおいた遊食居酒屋 オロチと柊場所 大分市中央町2-1-23 サンクビル2F営業時間 17時〜翌2時定休日 無休

【ガレリア竹町】大分市中心部三大商店街のひとつの"ガレリア竹町アーケード"には、ドーム広場にある帆船モニュメントがあります。これは、日本とポルトガルの友好450周年を記念して造られたもので、全長は8mもあります。

ボランティアで訪れた大分市。商店街で地元のゆるキャラ"だいふくん"に出会いました!大分国際車いすマラソン大会の開会式で、ちゃっかりと"ゆるキャラ"選挙活動をしていました♪

10月27日、第33回大分国際車いすマラソン大会が開幕です!写真は、スタート地点に向かう直前のアスリートたちの様子です。緊張感が漂っています。一番手前が、昨年のチャンピオン マルセル・フグ選手です!フグ選手は、大会4連覇がかかっていますが、音楽を聴いてリラックスしています。

写真は、JR日豊本線"特急ソニック"からの車窓です。別府・大分間は、別府湾の景色が素敵です。並走する国道は、別府毎日マラソンのコースとして有名です!

PAGE TOP