まちのたね~僕らはまちのアーキビスト~

愛知

【恵那峡SA】新潟、長野、岐阜県に入って恵那峡SAで小休憩。うだる暑さが復活。刈谷まで約二時間。クーラー生活が待っている。

【小樽港】まもなく、小樽港を出航します。新日本海フェリーで新潟港に向かいます。新潟港からは一路愛知に向けて走ります続けます。

【小樽港】北海道の見納めです。青空にはお目にかけなかったが、雨にも会わす、まずまずの旅日よりに恵まれました。日差しがあっても30℃を越えず、窓を開けて寝るとヒンヤリ。明日からは、酷暑日に熱帯夜を思うと帰りたくない気持ちです。

【味噌ラーメン】北海道に帰省したら食べたいものNo.1は札幌ラーメン。実家の家族に聞いて寄りました。札幌市内にチェーン店を持つ【てつや】です。こってり味噌もあと味すっきりです。

【ひまわりの里】辺り一面がひまわりです。いまから十数年前にも訪れたことがあります。規模がその当時から大きくなっています。町全体がひまわりの里でイメージ売りで、ひまわりの看板を目にします。

【ひまわりの里】北海道北竜町にある、世界一のひまわり畑。外周を、散策してもこ一時間はかかる。トラクターが引く観覧車やレンタルサイクル、巨大迷路などがある。

【直線道路日本ー】北海道美唄市から砂川市に、かけて29.2キロ。日本ー長い直線道路がある。美唄市、砂川市のメインを通る道は、信号機があり、直線道路のイメージが少しダウン。

【小樽運河】歴史的建造物と小樽運河。水面に写しだす大正?情緒溢れる。夕暮れ前の運河は静かに流れています。

【クリスタル館】小樽はオルゴールとクリスタルが有名。オルゴール店とクリスタル店が交互に軒並みをにぎやかす。ちょっといいなと思って、値段を見るとそのまま静かに元の位置に戻りしました。

【小樽オルゴール堂】小樽と言えば、まず小樽オルゴール堂。歴史的建造物の中に入ると、数多くのオルゴールと数多くの観光客。定番の曲から最近流行のAKBの曲まで。

【佐藤水産・サーモンファクトリー】北海道石狩市にある、最近人気の水産物産販売店。品数が多く迷ってしまいます。北海道にいる家族もおすすめ物産店です。

【新千歳空港】お土産売り場と食べ物処が充実し、一大イベント会場です。いまだに人気?の【花畑牧場】の店です。お土産を買うと旅の後半です。

リゾートホテル【ふる川】眼下に広がる太平洋を見ながら、頭の中を空っぽにすると、色々な考えが頭の中に、流れ込んできます。

心のリゾート海の別邸【ふる川】眼下に広がる太平洋の雄大さに、心の中が洗われる。雑踏とした都会の喧騒から離れ、太平洋の波の音が心の喧騒をも洗い流してくれる。

名古屋駅の近くにある英会話教室です。旅行が好きな人は、一度のぞいてみてください。

昨年の9月以来の全く同じ光景です。昨年中国国内の日本に対する暴動以来、見かたことがありませんでしたが、ついに再発見です。中国人観光客の一日目、富士山。二日目、京都、大阪観光の中間地点の刈谷宿〔かりやど〕の【刈谷パークホテル】です。

尖閣島(魚釣島)問題で中国内のデモや日本大使館、日系企業・店への危害が報道される中、中国からの観光客が減少しているとの発表。『刈谷プラザホテル』前での朝の光景。東京→富士山→京都が中国人観光のパターンらしい。この中国人観光客は今から京都に出発?日本で反中運動がないのにホットしている。

PAGE TOP