まちのたね~僕らはまちのアーキビスト~

愛知

名古屋の桜取材。 堀川では御座敷船を貸しきり、食事付きで花見クルージングができます。懐石弁当と飲み放題で6,500円、熱々揚げたての天ぷらがついています。

「野田八幡宮境内の野田史料館前に「淡墨桜」という珍しい彼岸桜があることをご存知でしょうか。淡墨桜は、蕾のときは薄いピンク、満開に至っては白色、散りぎわには特異の淡い墨色を帯びてくることから、その名があります。

名古屋市北区黒川付近、堀川沿い数kmに渡って桜並木が続きます❗散歩も楽しみが増しますね

桜が満開の時期が来ています。花冷えで少しの寿命延長。ソメイヨシノはちらほら散り初めました。

お久しぶりの投稿です! 春なのでたくさん投稿したいです! まずは、大学の桜ときれいな空!

知立史跡めぐり【ヤマザクラ】西中神明社の付近は地形的に見ても明らかなように、洪積世の時代には浅海につき出した岬の一部だったと推定されます。このため、この地域には西三河平野部には一般的に存在しないような暖地系海岸植物などの存在も確認されています。神明社境内にはスタジイの巨樹があり、鳥居付近には巨大なヤマザクラも存在し、平野部における往昔の天然林の名残をとどめるものとして、学術的価値も高いとされています。

★桜香の湯28日に、趣味の渓流釣りの帰りに、道の駅荘川に立ち寄りました!この道の駅には、日帰り温泉"桜香の湯"があり、行楽の帰りに温泉や食事を楽しむことができます♪荘川では桜が五分咲き、連休いっぱい楽しめそうです!(*^^*)

★荘川桜28日に、趣味の渓流釣りの帰りに御母衣湖の畔に立つ、"荘川桜"を見に立ち寄りました!荘川桜は、岐阜県旧荘川村の国道156号沿いにあり、樹齢450年と推定される2本のエドヒガンの古木で、ごく淡いピンク色の花弁が特徴です。御母衣ダム建設によってダム湖底に沈む運命にあった桜を、1960年12月に現在の場所に移植され、保守されています。28日現在で五分咲き、間もなく満開を迎えます♪(*^^*)

★被災地の春4月19日、ボランティア活動で宮城県石巻市、そして福島県いわき市を訪問しました。写真は、いわき市の北、南相馬市夜ノ森公園の桜並木です。今年は4年ぶりに桜まつりが行われたそうです。しかし、私達が訪れた時は人の姿が見えませんでした。この一帯は、昼間に帰宅が許可されているそうです。早く規制が解除されることを、心から願っています。

★被災地の春4月19日、ボランティア活動で宮城県石巻市の小学校を訪問しました。校庭では、震災前と変わりなく、桜が満開でした。

【桜とツツジ】桜が散ってツツジの季節になりました。写真は刈谷市池田町のD社池田工場の回りに咲く桜とツツジです。桜が散ってツツジのピンク色が映えます。桜の花ビラが下のツツジに落ちて咲いた様な感じです。

PAGE TOP