まちのたね~僕らはまちのアーキビスト~

愛知

★善意フェスタ20145月25日、豊橋のんほいパークにて、善意フェスティバル2014が開催されました。善意フェスタは、運営に豊橋近隣の企業・学生・NPOのボランティアが参加し、工夫を凝らしたゲームなどで、福祉施設の方たちを楽しませていました。こちらのイベントコーナーでも、地元の高校生・企業ボランティアが来場者をおもてなししていました。

【WAFCA】愛フェス会場に、NPO法人 WAFCAのブースがありました。WAFCAブースでは、タイの障がい者が作ったワイヤーアートやビーズ細工の小物が販売していました。中でも、ワイヤーアートの大型バイクは、すごく格好いいです♪(  ̄▽ ̄)!

【スペシャルオリンピックス】愛フェス会場に、スペシャルオリンピックスのブースがありました。スペシャルオリンピックス(略称:SO)とは、知的発達障害のある人の自立や社会参加を目的として、日常的なスポーツプログラムや、成果の発表の場としての競技会を提供する国際的なスポーツ組織です。

【愛知フェスタ】9月28日29日で開催された愛フェス会場の刈谷ブースでは、万燈がとても綺麗でした。たくさんの参加者・ボランティアスタッフも見入っていました暗くて分かりづらいですが、足元にはかつなりくんロボがデモしていました。

【僕らはココで生きていく】9月28日、愛フェスに愛知まちのたね通信レポーターとして取材に訪れ、ドキュメンタリー映画『僕らはココで生きていく』を見させて頂きました!映画上映会の終了後、下山監督と出演者の居酒屋店主新沼さん、シンガーソングライターの松本哲也さんが舞台挨拶に立たれました。心に残ったのは、『震災後、たくさんの方から寄付金と物資支援に支えられ、岩手の被災地の人たちは復興を信じて頑張って来た。しかし、3年が経とうとしているのに、現地復興はほとんど進展していない。頑張って来た人たちも、心が折れようとしている。どうか忘れないで、見守り続けて欲しい。』という主旨の訴えでした。今、自分たちができることは簡単なことです。被災地から送って頂いた新鮮で美味しい海山の食材を食すこと。そして、いつもエールを送ること。被災地の皆さんに笑顔が戻る日まで、ずっと応援しています!("⌒∇⌒")

【復興の狼煙ポスタープロ】"復興の狼煙ポスタープロジェクト"は、被災地支援に対する感謝と共に、いまだに進展しない現地の叫びを伝えています。このポスターにも心を動かされました!愛知にいますが、物産購入で心を込めて応援して行きます。かんばれ、東北! かんばれ、大船渡!

【愛知フェスタ】9月28日、私も行きました、愛知フェスタ。大船渡に水揚げされた三陸沖の秋刀魚、住田町の鶏ハラミ焼き、生ビールと一緒に頂きました。旨い♪♪(*^^*)東北には、まだまだ美味しい海山のものが、いっぱいありますね♪お腹いっぱい食べて、東北被災地の復興に貢献します!("⌒∇⌒")

【僕らはここで生きて行く】愛フェスで、ドキュメンタリー映画"僕らはここで生きて行く"を見ました。被災地岩手から、全国からの支援に対する感謝と復興への頑張っている姿を見ることができました。これからも引き続き応援をしたいです!

【復興の狼煙ポスタープロ】"復興の狼煙ポスタープロジェクト"は、被災地支援に対する感謝と共に、いまだに進展しない現地の叫びを伝えています。このポスターを見て、改めて自分たちに何ができるのか、考えさせられました。

【復興の狼煙ポスタープロ】愛フェス会場に東日本被災地復興のドキュメンタリー映画を見に行きました。その上映会会場に展示されていたポスターの数々。"復興の狼煙ポスタープロジェクト"は、被災地支援に対する感謝と共に、いまだに進展しない現地の叫びを伝えています。

【社会貢献活動 写真展】7月23日〜8月4日まで、刈谷市中山町2にあるDスクウェア1階で『デンソーグループ社会貢献活動写真展』が開催されています。この1年間に行われたデンソーハートフルフレンドや社員ボランティアが企画した活動記録の写真23枚を展示させて頂いてます。この企業施設は、ランチタイムと日曜ディナータイムは、一般の方にも解放されていますので、ぜひ御来場・御高覧下さい。※最終日4日は午前中までの展示となりますので、御注意下さい。(⌒∇⌒)ノ"また館内には、和食『楽座』、中華料理『四季亭』、ダイニング『然』、カフェ&レストラン『WINDSOR』があります。いずれの店も、24節季の食材にこだわっています。特に、地下の「WINDSOR」は、お値打ちなランチやケーキセットがありますので、お薦めです♪Dスクウェア:営業時間 11時〜22時定休日 月曜(その他休業日有り)

【フェアトレード】名古屋市栄のオアシス21。イベント会場では、南陽高校のNanyo Company部の生徒さんがフェアトレードのブースを開いて、コーヒー豆等のフェアトレード商品を販売していました。最近の高校生は、意識が高いなと、たいへん感心しました。

【丸亀製麺】全国に店舗を展開されている讃岐うどんの『丸亀製麺』は、釜あげうどん1杯に1円を、NPO法人 TABLE FOR TWO international を通じてアフリカの子供たちに学校給食として提供しています。学校給食は、飢餓の解消と小学校の就学率の向上にもつながります。美味しい讃岐うどんを食べて、アフリカの子供たちを支援していきたいです!(* ̄∇ ̄)ノ

【環境保全・地域美化活動】7月13日土曜、環境保全活動『名古屋の母なる川 〜堀川に生き物をよみがえらせる!〜』。尾頭橋地域で集まったゴミです。ここでボランティアは解散となりましたが、このあとNPO団体の方がゴミの層別されていました。

【環境保全・地域美化活動】7月13日土曜、環境保全活動『名古屋の母なる川 〜堀川に生き物をよみがえらせる!〜』に参加しました。連日の猛暑日だったため、日本赤十字の医師ボランティアも参加しましたが、さいわいにも炎天下ではなく、小雨が心地よく感じます。("⌒∇⌒")今回は、NPO『鯱城・堀川と生活を考える会』とボランティア約1,000人が集まり、堀川8地域の護岸道路のゴミ拾いを行いました。相変わらず、吸い殻や空き缶の山です。(´д`|||)

【名古屋市市民活動推進センター】「名古屋市市民活動推進センター」は、市民活動を推進するための総合的な支援拠点です。 ボランティアや市民活動についての情報発信・交流・講座などを通じて市民活動のサポートを行っています。主な機能:●ボランティアの参加や活動について相談する●ボランティア活動の拠点にする(会議室などを借りる)●情報を入手する・発信する●講座やイベントに参加する●NPO法人をつくる・運営する。場所・連絡先:名古屋市中区栄3丁目18-1ナディアパークデザインセンタービル6階TEL 052-228-8039 FAX 052-228-8073 E-mail npo@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp

PAGE TOP