まちのたね~僕らはまちのアーキビスト~

愛知

<特別展 ガウディ×井上雄彦>六本木ヒルズの、森アーツセンターギャラリーにて開催中(巡回展も予定あり)資料を通して巨匠ガウディの偉業を紹介するとともに、『SLAMDUNK』や『バガボンド』等の漫画作品で知られる井上雄彦さんが、ガウディの人間像とその物語を描かれたそうです。サグラダ・ファミリアも建築中ですし…いつかスペインへ行きたいですね~

<ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界>現在、六本木ヒルズの森美術館にて開催中写真の作品は、ウォン・ソンウォンさんの《豚さん銀行の助け》です。ちなみに名古屋市美術館にて、2014年11月8日(土)-12月23日(火)の日程で開催予定だそう。

<ヨコハマトリエンナーレ2014>横浜トリエンナーレは第5回展だそうで、アーティスティック・ディレクターに美術家の森村泰昌氏を迎えて8月から11月 に開催されるそうです。展覧会タイトルは、「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」…難解なタイトルですが、「華氏451度」というレイ・ブラッドベリのSF小説に因んだそーです。

<台北 國立故宮博物院>上野駅近くの東京国立博物館にて、今日から開催されてますよ。有名な「翠玉白菜」は、7月7日までの限定公開になります。台湾のツアーでは、故宮博物院に立ち寄るものが多いですよね~

<アニメ「ピンポン」展>漫画家の松本大洋さん、作品としては「ピンポン」等があります。過去には、クドカンさん脚本で実写の映画が作られましたね~現在は、木曜の深夜にアニメ「ピンポン」が放映されていますよ!タワレコ渋谷店とのコラボレーションで、アニメ「ピンポン」展が開催されてます。

<かないくん展>詩人の谷川俊太郎さんが一夜で綴り、漫画家の松本大洋さんが2年の年月をかけて描いた絵本『かないくん』 「ほぼ日刊イトイ新聞」の主催で、かないくん展が開催されました。死をまんなかに置いて、見えてくるものがあるといいなと思います。

<フラフープダンスで世界記録>知立青年会議所では、市民の皆さんと共にフラフープダンスの世界記録に挑戦するイベントを催すとか(要・事前申し込み)日時:7月13日(日) 8:00~13:00 ※少雨決行服部ユーイチさんも、様々な仕事をされてますね~

<かんざし>新美南吉ウォールペイント・尾張屋呉服店にて。かんざしを拾いに行く魚が描かれてます、別の所にはかんざしを届ける魚が描かれてるとか。

<牛をつないだ椿の木>新美南吉ウォールペイントスミヤにて、大きな牛と椿の花が見えますね~これは壁画の一部分で、全体はもう少し大きいです。

<新美南吉ウォールペイント>こちらは安城駅西駐車場にあり、安城時代の作品を中心とした9つの話が描かれてます。安城では、南吉映画市民プロジェクトで撮影が始まっているようですね~新美南吉をモチーフに、オリジナルストーリーの映画を市民が一から作っているそうです。

<ボーダーレス・アート・コレクション>かわら美術館にて、5月25日まで開催されてます(高校生以上:600円)山下清さんから現代まで、〈美術的なもの/非美術的なもの〉のボーダー(境界)を揺さぶり、問い直してゆく様々な作品を紹介する展覧会です。「創造・表現すること」は、楽しく行いたいですね~

<杜の宮市>尾張一宮にある真清田神社の地域への想いに、まちづくりグループの想いが重なって始まった、文化のまつりだとか。アート・クラフトマーケット・フードコート・ワークショップ・ライブステージなどが、開催されるそうですよ~開催日:2014年5月5日(月・祝)開催時間:10:00~17:00(雨天決行)開催場所:一宮市真清田神社境内、宮前三八市広場、その周辺※駐車場を設けておりません。公共交通機関のご利用をご案内しています。

<骨骨スタンプラリー>名古屋市博物館『大浮世絵展』と、以前まさにぃさんがお伝えされた名古屋市科学館『モンゴル大恐竜展』のコラボイベントだそうです。2つの展覧会を巡ってスタンプを押して応募すると、抽選で賞品が当たるかも?骨つながりって、ややこじつけ感があるような…まあ名古屋市の施設くくり、という事でしょうかね(;^_^A

< レオ・レオニ 絵本のしごと>刈谷市美術館にて以下の予定で開催されます、「スイミー」の作者なんですね!会期:平成26年4月26日(土)〜6月8日(日)休館日:月曜日(5月5日は開館)、5月7日(水)時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)入館料:一般900円(前売り700円) 学生700円(500円) 中学生以下は無料

<宇野亜喜良展 本にみる少女譚>刈谷市美術館の特別展示室では、宇野亜喜良展が開催されてます…今週の日曜まで。(入場無料です)物憂げな瞳をした少女の姿は印象に残り、何だか色気も感じさせますね。

<開館15周年記念 ボストン美術館 ミレー展 バルビゾン村とフォンテーヌブローの森から>会場:名古屋ボストン美術館料金:(前売券)一般 1100円 高大生 700円(当日券)一般 1300円 高大生 900円※中学生以下無料開催期間:4月19日(土)〜8月31日(日) *月曜は基本的に休館(例外あり)時間: 火〜金 10:00〜19:00 ※最終入館18:30 土・日・祝 10:00〜17:00 ※最終入館16:30ミレー展は学生の頃にも見に行って、農村の描写に感銘を受けました。

<お母さん達>新美南吉の壁画シリーズ、「玉木屋」という手作り惣菜店に描かれてます。玉木屋さんの名物はどて煮、無添加にこだわり様々なおかずやお弁当がありますよ〜【玉木屋】住所:〒446-0032 愛知県安城市御幸本町7-12TEL:TEL0566-74-1188営業時間:AM 9:30 〜 PM 7:00 ごろ(商品が売り切れ次第終了)定休日:毎週日曜・第三月曜

PAGE TOP